施術の種類

タイマッサージ

25,000年もの歴史があると言われているタイマッサージは、別名
“2人で行うヨガ”  “世界一気持ちのいいマッサージ”
などと言われています。
もともとタイマッサージのルーツは“ヨガ”にあります。
インドの医師であった“シワカ・コマラパ氏”がヨガを用い、治療のために広めたのがタイマッサージと言われています。
今日でもタイ本国では、国の認める予防医学として引き継がれています。
タイマッサージの大きな特徴は“独特のゆっくりとしたリズム”と“ストレッチ”です。
ゆっくりとしたリズムの中に身をおくことにより、α派が発生し深いリラックス効果が得られます。
また、そのゆっくりとした流れの中でストレッチすることにより、全身の力が緩み、最大限の幅まで筋肉を伸ばすことが可能となります。
指圧だけでなくストレッチをすることで表面上の筋肉のアプローチだけではなく、深部の筋肉をアプローチそして緩めることが可能となるのです。
タイ古式マッサージはお身体全体にアプローチをするのに最適といえます。
基本的にタイマッサージは、
お寺発祥の“ワットポー式”または“バンコク式”
民間で広まった“チェンマイ式”
王宮でのみ伝わった“ロイヤル式”
この3つがあります。
人間の身体には72,000もの生命エネルギーといわれるエネジーライン(またの名をセン) がそこかしこに伸びていると考えられています。
その中でも特に重要な10のセンを刺激して、お身体を整えていく という考え方がタイ古式マッサージの理論です。
“ワットポー式”はこのセンにのっとった指圧の多い手技、
“ロイヤル式”は危険がもっとも少ない、ストレッチがほとんど入らない手技、
そして“チェンマイ式”は民間で広まったため、 多種多様なストレッチが含まれているのが特徴です。
私は、日本のサロンで“チェンマイ式”を習い、タイに渡った時に“ワットポー式”を習得しました。
また、整体の勉強をしたり、様々なワークショップに参加することにより、 独自のほぐし方をいろいろと開発しました。
ですから、私のスタイルは“独流”です*
私自身が気持ちいいと感じ、さらにほぐれる、
そんな手技を厳選して施術にあたっています。

 

マタニティーマッサージ

お身体を触るリラクゼーションにおいて、妊娠された方への施術はお断りの対象とされています。
その大きな理由が
“何が起きるかわからないから”
“何か起きても責任が取れないから”
妊婦さんへの施術で流産する可能性はまずないと言われています。
それは、妊婦さんが流産になるのは染色体の問題がほとんどだからです。
これは医学的にも立証されている動かぬ事実です。
しかし、その理解はまだまだ広まっていません。
セラピスト間においてもそれは言えます。
その中で知識の浅いセラピストが妊婦さんのお身体に触れることは不安でもありますし、その状態で良い施術ができるとも言い難いです。
そういった様々な理由が重なり、今の世の中ではマタニティマッサージは普及していないのです。
タイ本国では、妊婦さんへもタイ古式マッサージを施術しています。
タイ古式マッサージには様々なほぐし方があり、その多様さゆえに妊婦さんに適した体位、ストレッチ、施術法など厳選しやすいのです。
また、タイ古式マッサージの特徴である“ゆっくりとしたリズム”により心地よさを感じられ、妊婦さんのみならずお腹の赤ちゃんまでリラックスできるのです。
最近では臨月ギリギリまで働かれる妊婦さんが増えてきました。
しかし、出産というのは思っているほど簡単な事ではありません。
仕事をして、家事をして、運動不足で、体がぼろぼろで・・・
そんな状態で出産を迎え、そのまま育児を迎えた暁には、
疲労感もMAX、体型も戻りにくく、代謝も下がったままになってしまいます。
そうならない為にも妊娠期からお身体をしっかりほぐし、お身体の機能を整えて出産までのマタニティライフを楽しみましょう♪
Menamuのマタニティマッサージは、妊婦さんのお身体に負担の少ないタイマッサージと妊産婦整体を組み合わせたオリジナルの施術です*
体調に合わせ、体位を変えたり、お疲れに合わせた施術を行っていきます。
施術後は、妊婦さんへの独自のアドバイスや出産後の為のケア法などオススメしていきます。

 

中国式リフレクソロジー

いわゆる“足ツボ”と言われるリフレクソロジーですが、刺激している箇所は“ツボ”ではありません。
リフレクソロジーは、身体全体が手・足・耳・目・顏・臓器などに収縮され足裏や手の平に反射投影され、その部分を刺激することで間接的に刺激を与え効果をもたらす… と考えられています。
足裏には66、手には44の“反射区”と呼ばれる末梢神経の最端があり、そこを刺激しているのです。
リフレクソロジーの意味は
“REFLEX”=“反射” + “OLOGY”=“学や論を表す名詞を作る接尾語”
を合わせて
“REFLEXOLOGY” 反射学を意味する造語です*
反射区というのは、身体の各器官や内臓などにつながるとされる末梢神経の集中箇所のことをいいます。
この末梢神経を刺激することにより、
繋がっている神経を介して各器官や内臓に刺激を与え、自然治癒力を引きだし健康を回復・維持させる手技療法が “リフレクソロジー”です*
リフレクソロジーの歴史は深く、遥か3,000年以上も前からお身体を整えるために用いられてきたと言われています。
エジプトの壁画にもその様子が描かれているそうです。
各国で伝わったリフレクソロジーですが、国ごとで様々な手技の違いが生まれました。
Menamuでのリフレクソロジーは刺激がきちんとある“中国式”です。
足裏の反射区をきちんと押圧し、お身体の状態を視、刺激によっての反射療法とそれによってわかったお身体の情報からの次の施術のアプローチ法やアドバイスなどを導き出していきます。
痛みが伴いやすい足裏の刺激ですが、痛気持ちいい圧に調節をし、気持ちさのあまり寝てしまう場合も・・・
痛いのが苦手!という方でも安心して受けていただけます♪
お身体の状態を知る上では最適な施術法です。

 

バリニーズオイルマッサージ

オールハンドの全身オイルトリートメント。
手掌だけでなく、前腕や肘などを使いストレッチも織り交ぜるなどダイナミックな手技が多いのが特徴です。
オイルトリートメントはなでられているだけのようであまり気持ち良さが感じられない・・・
という方にもおすすめ*
バリニーズオイルマッサージは他のオイルトリートメントと比べても強めの施術を調節しやすくなっています。
バリニーズオイルマッサージはその名の通り、バリ伝統のオイルトリートメントです。
バリニーズオイルマッサージのルーツはインドのアーユルヴェーダにあるとも言われます。
インドネシアでは医師が治療の補助的な役割としてマッサージを取り入れており、それにインドネシアで「ジャムウ」と呼ばれる植物の根や葉から作られた薬、中国で言うと「漢方」を用いて病気に対する治療法として行われていました。
本来は医者が行う“治療”でしたので男性が行う施術でした。
しかし、バリニーズオイルマッサージは治療だけでなく美容面に関しても効果が高く、17世紀にはジヤワの王室の女王や王女の美容の為に施術が取り入られました。
その技術は王室から市民へと広がったとされています。
その後、バリ島は観光地化することにより、“治療”が主であった手技から痛みを省き、リラックス効果の高いリラクゼーション目的の施術が行われるようになりました。
また、各国の注目を浴びたことにより、“スウェディッシュマッサージ”や“ロミロミ”などのテクニックも加えられるようになったのです。
凝り固まった筋肉ではなかなか圧が入っていきません。
そこでMenamuではタイ古式でじっくりとお身体をほぐして、筋肉を緩めてからバリニーズオイルマッサージに入ることをお勧めしています。
筋肉が緩まった状態から施術に入ることにより、さらなるほぐしとより深いリラックス効果が得られます。
お身体に強い疲れを感じている方、ストレスがたまっていてリフレッシュしたい方などにオススメです*

 

トークセン

トークセンとは、タイ北部チェンマイで伝わる伝統療法の1つです。
師匠から弟子へ、親から子へと口伝によって長い歴史の中で人々の経験によって守られてきました。
その為、いつ誰が始めて広まったのか詳しくはわからないそうです。
木槌(コーン)と杭(リム)を使い、筋肉を叩いていきます。
“トーク”はタイ語で“叩く”、“セン”はタイマッサージでも用いられる“エネジーライン”のことです。
凝り固まった筋肉や腱にリムを圧し、そのリムをコーンで叩くことにより振動を筋肉全体に響かせます。
振動で筋肉へ伝える手技なので、指圧では行き届かない深部の筋肉へのアプローチが可能となります。
指圧よりもほぐれるスピードが速く、筋肉や腱だけでなく関節の痛みにも効果があります。
また、トークセン独特の“コンコン、コンコン”というリズムカルな響きは精神を安定させるリラックス効果もあり、うとうとと眠くなります。
筋肉疲労・神経痛・腱の病気・関節痛・各臓器の機能低下などの症状に優れており、コリの特に強い方にオススメです。
トークセンのみの施術も可能ですが、全身ゆるませるにはタイマッサージ同様120分ほどのお時間を要します。
タイマッサージでほぐしきれない部分をトークセンで補うことで、よりお身体を緩みやすくします。

 

ハーブボールセラピー

ハーブボールとは、数種類の天然ハーブをコットン布でボール状に包んだものです。
蒸し器で温め、お身体に圧し当てていきます。
ハーブボールの発祥はチベット王国と言われています。
僧侶の間で身体の疲労回復や戦場で傷ついた兵士の治療、内疾患の治療などハーブ療法として用いられていました。
当時はハーブをお風呂に入れたり、ハーブを蒸してサウナとして使用することが多く、ボール状の手技になったのは比較的最近のことです。
Menamuで使用するハーブボールはタイのチェンマイにある“Ong’s Thaimassage School”から直接取り寄せています。
妊婦さんにも使用できる安全なハーブを使用しています。
【ハーブの種類】
*Phrai(ぽんつくしょうが) ・筋肉疲労(痛い・重い・炎症など)、鎮痛、殺菌、消化促進、月経不順、美肌
*Ta Khrai(レモングラス) ・殺菌、高血圧、利尿作用、血行促進、筋肉の調子を整える、生理痛、リラックス
*Ma Krut(こぶみかんの皮) ・殺菌、鎮静、月経不順、リラックス
*Ob Chuey(シナモン) ・デトックス、血行促進、糖尿病、筋肉を緩める、体を温める、リラックス
*Ga Ra Boon(樟脳) ・鎮痛、鎮静、デトックス、痒み止め、爽快感
*Ma Khaam(タマリンドの葉) ・殺菌、去痰、浄血、痒み止め、美肌
*Som Poi(アカシアの葉) ・殺菌、去痰、腱の炎症の緩和、月経周期を整える、痒み止め、美肌、魔除けや浄化
*Khamim(ウコン) ・殺菌、堪能強壮、痒み止め、美肌
*Ya En Yead(おおばこ) ・腱の炎症緩和、抗炎症作用
*Plao Yai(クロトン) ・筋肉疲労、殺菌、消化促進、体力増強、体を温める
*Sait(塩) ・デトックス、美肌、浄化、他のハーブの効果を引き出す
冷え性、むくみや生理痛、生理不順、子宮筋腫、不妊などの婦人科家トラブルや産後の全般的なケア(子宮復古や妊娠線、悪露など)に優れています。
また、ハーブの香りに包まれ温かな施術となりますので、リラックスされたい方にもオススメです。

 

ハーブスチームサウナ


ハーブスチームサウナはタイで最も古くから伝わる伝統療法です。
インドのアーユルヴェーダを起源として仏教とともにタイ王国に伝わり、3,500年以上も歴史を持つ、インド古代医学アーユルヴェーダ療法として使用されてきました。
その後タイではタイ民間薬草治療法として、産後の子宮ケアとして広く普及しました。
お身体全体からハーブのエキスを吸収するため、蒸気の充満するテントの中に20分~60分入っていただきます。
使用するハーブはハーブボール内のハーブに日本の和ハーブであるヨモギ(自家栽培)などをプラスして鍋で煮だします。
【効用】
・デトックス
・殺菌
・子宮復古
・骨盤の戻りを早める
・悪露の排出
・妊娠線
・母乳を出やすくする
・ホルモンバランスを整える
・生理痛、生理不順
・更年期
・不妊
・不眠
・美肌
・冷え性、むくみ
・呼吸改善
・リラックス
現在では産後ケアのみならず、女性のもつ全般的なトラブルのケアとして使用されることが多いです。
また、ストレスが多い中での生活でリラックス、リフレッシュされたい方にもオススメです。
*お伺い施術の場合はテントではなく、マントでの施術となります。

LINEでもご連絡可能です*
↓よりお気軽にどうぞ♪
line 友だち追加数

お客様の声


プロフィール
FB_IMG_1444562886330 セラピスト

     橋本 希

  お疲れでヘトヘトの
  ママさんプレママさんの
  笑顔が見たくて
  Menamuを創りました♪

       詳しいプロフィール

Menamu営業時間

070-5564-8487(施術中など出られない場合がありますので、お急ぎの時を除きメールでお問い合わせください)
【押上の施術場・お伺い施術】
月木金土:9時~22時まで(ご相談に応じます)
【鎌ケ谷サロン】
月木金(祝日を除く):11時~17時まで